mikuraのブログ

歌伴奏専門ピアニスト&ウェブライターのmikuraのブログです。

「発達障害者は天才だ」とか言う奴が大嫌いです。

f:id:mi_717:20170819063130j:plain

もし天才なんだったら、こんなに生きづらさを感じてませんから!って思うのですよ。

 

ジョブズやビル・ゲイツといった著名人が発達障害者だと言われているために

そうやって言われるのかもしれませんが

発達障害者みんながみんな天才だったら、そもそも、発達”障害”なんていう

名称自体がおかしいんじゃないかな。

 

ただ、日本と海外では見方が発達障害に対する180度変わるみたいで、

 

例えば、アメリカでは、発達障害と診断された子どもに対して、

親御さん達は「良かったわね!あなたは天才だわ!」と捉えるみたい。

 

そう考えると、お国柄の問題なのでしょうか・・・

 

ただ、「周りと同じことが一番」とされる日本では、

いないとは言い切れないと思いますが、

おそらくそうやって肯定的に捉える人はかなり少数なんじゃないかと思います。

 

 そんな日本で育ったからこそなのかもしれませんが、

「発達障害はギフトだ」みたいに言われることにも違和感を覚えずにはいられません。

むしろ、のし紙つけてお返ししたいとさえ思う(笑)

 

 

 

「天才」という言葉はかなり語弊があると思うのですが、

 

「個性」という捉え方がもっと広がるといいなと思いますし、

自分でもそう思えるようになりたいのです。

 

なんとなく、

「できるだけ他の人と同じようになることがゴール」

のような風潮があるように感じていて、

できるものならそうしたいのが本音です。

 

しかしながら、先天的なものである以上

「治る」ことはないのが現実。

 

そう考えると、「みんなと同じに」ということは

そもそも方向性が違うようにも思います。

 

なかなかうまい言葉が見つからないのがもどかしいですが、

 

「発達障害者は天才だ」と当事者の苦労も何も知らずに言うやつは大嫌いなのです。

広告を非表示にする