mikuraのブログ

歌伴奏専門ピアニスト&ウェブライターのmikuraのブログです。

【実録】わたしが発達障害かどうか白黒つけるまでのつれづれ〜その②

前回の診察から1週間経ちまして、本日が2回目の診察です。

ちなみに前回の診察のことは以下の記事に書いています。

 

mi-717.hatenablog.jp

 

まずは、前回の診察から今日までに何か困ったことはないかと聞かれました。

 

自分的に褒められたと思っていたことが、後々社交辞令だと思ってショックを受けたということを先生に伝えると、

 

「そうですか。それも症状として表れやすいですね。」

 

とおっしゃいました。

文章にするととても冷たく言い放ったように感じられるかもしれませんが、とても優しい口調でした。

 

本日の診察は、採血と簡単なテストの実施でした。

 

まずは先生に甲状腺の状態を確認してもらいました。

どうやら、甲状腺が大きくなっていると不安定な気分になりやすいらしい。

触って痛いくらいだと、他の病気が疑われるそうなのですが、わたしは今のところ、少し大きくなっているだけだったのでその心配はないとのこと。

 

しかし、1回ちゃんと検査した方がいいとのことなので採血が行われました。

血管が超醜い私は、採血と聞くと一回で大丈夫なのかどうかびびるびびる。。

(これ多分血管細い人あるある。)

 

その先生は超優秀だったので、無事に一回で採血終了。ほっと一息。

 

 

そして、20問ほどある簡単な会話のテストを解きました。

詳しい内容は控えますが、AさんがBさんに言った言葉に、Bさんはなんて返答するのかを考えて直感的に書いてくださいとのこと。

 

多分、正解はあるようでない。

 

15分くらいでぺぺっと問いて、本日の診察は終了。

 

採血が実施されたこともあり、診察代が5000円弱かかっていた・・・

でも、これは将来の自分への投資と言い聞かせておきました。

 

全部で4回ある診察の半分が今日で終了。

 

テストを問いている間、受付の声が聞こえていたのですが、どうやら本日は予約で埋まっていて空き時間はないらしい。先週来たときもそうだったっぽいので、今、発達障害で悩んでいるひとは多いんだなと実感しました。

広告を非表示にする