mikuraのブログ

歌伴奏専門ピアニスト&ウェブライターのmikuraのブログです。

若いうちの苦労なんてわざわざ買う必要はない。

よく言いますよね、「若いうちの苦労は買ってでもしろ」って。

 

「なんでわざわざ買ってまで苦労せなあかんねん!w」とこの言葉を聞くたびに思ってしまってましたが、

 

「楽な方ばかり選んでいると、いざ困難に直面したときに何もできなくなってしまうから」

 

ともっともらしい理由を言われ、素直すぎる私は疑うことなくそのまま受け取っていました。

 

 

ここからは私の個人的な解釈なのですが、

この言葉って、

 

「苦労しないと幸せになったらダメ」

「苦労しないと上手く行ったらダメ」

 

に聞こえません?

例えば、ほぼノー勉強なのにテストで100点取ったらダメ、みたいな。

 

 

これをこじらせると、

 

「苦労せずに幸せになったら後々不幸になる」

「苦労せずに上手く行っても後々上手く行かなくなる」

 

 

みたいに解釈してしまいません?

 

少なくとも、私はずっとそう解釈してしまってました。

 

なので、2つの選択肢があった場合、反射的に楽じゃない方の選択肢を半強制的に選んでしまうという。

 

(どMか!w)

 

この考え方だと、結局「不幸になる」「上手く行かなくなる」を強くイメージしてしまってどのみちあまりよろしくない。

 

なので、私は難易度を問わず「どっちの選択肢がときめくか」を基準にして選ぶことにしました。(こんまりさん的なね)

 

私の人生の師匠であるふなっしーも、「ハードル飛べないときはくぐればいい」と言っているので、無理してわざわざ困難に立ち向かう必要はきっとないのでしょう。

 

なので、若いうちの苦労なんて買う必要はない!w

と私は思います。

広告を非表示にする