mikuraのブログ

歌伴奏専門ピアニスト&ウェブライターのmikuraのブログです。

【私が影響を受けた曲100選:#001】raging waves/林原めぐみ

このブログは、「“好き”を発信する」「私自身の棚卸しをする」というコンセプトで書いていますので、今回は私mikuraが影響を受けた音楽について書いていきたいと思います!

「広く浅く」、というよりは「深く狭く」なタイプの人間なので偏ってしまうかもですが、愛情たっぷりにお届けしようと思います。

 

本日ご紹介するのは、

「raging waves

という声優の林原めぐみさんの楽曲です。

 

名探偵コナン灰原哀役や新世紀エヴァンゲリオン綾波レイ役などで有名な(本当はここに書ききれないほど…)、超人気声優である林原さん。

今でこそ声優さんが歌手活動をされるのは一般的となっていますが、当時は全くそんな傾向はなく、林原さんはその先駆け的存在でした。

 

話は1998年に遡りますが、ある日、アニメ大好き人間だった兄に連れられて映画を観に行ったんです。(勿論、保護者同伴で!)

それは「機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-」という作品だったのですが、同時上映が「スレイヤーズ ごうじゃす」でした。

兄は、毎回テレビにかじりついて見るくらい「ナデシコ」が大好きだったのですが、私はそこまでではなく。。

スレイヤーズ」も、全く見たことがなくて、でもとりあえずアニメは好きだし、という理由で金魚のフンのように兄についていったんです。

 

が!

 

作品の面白さもさることながら、林原さん演じるリナ=インバースという主人公に度肝を抜かれました。

とにかく超!ポジティブ。自分第一主義。他人は二の次三の次(笑)

 

当時から超ネガティブ人間だった私にとって、とにかくリナというキャラクターから受けた衝撃はかなりのものでした。

その映画の主題歌となっていたのがこの「raging waves」という楽曲でした。

この曲は、私の人生ではじめて買ったCDです。映画を見終わった何日か後に即買したような気がします。

 

ただのアニソンと侮ることなかれ!

作詞は“MEGUMI”名義で林原さんが担当されているのですが、とにかく素敵な歌詞を書かれます。

この曲で私が一番好きなフレーズは、

 

誰かに認められるより まず自分を認めなくちゃ

ダメなとこもいいところも ひっくるめて抱きしめよう

楽に歩ける道よりも つらくっても楽しみたい

忙しい退屈な日々 変えたいなら歩き出そう

 

背中を押されてるというか、どつかれてるというか(笑)、そんな気持ちになりました。

このフレーズは、昨日の投稿記事「どんくさくてもぽんこつでも、自分をちゃんと認めてあげるのが大事」を書いている時にふと蘇ってきました。

 

さらに、先ほどのフレーズの後にはこんな歌詞が続いています。

 

誰かに誉められる人生 目指している訳じゃないの

私が喜ぶ生き方 ぶつかりながら見つけてく

いきなり強いわけじゃない いきなりできるわけじゃない

繰り返していく日々から つくりあげてくの自分を

 

他人の評価ばかり気にして自分を見失うことが多い私にとって、全身に染み渡るような歌詞です。

ちなみに、タイトルの「raging waves」の意味は、「荒波」。

 

ただ、荒波のなかでも、自分を見失うことなく、自分のやりたいようにいきるべし!ということをこの曲は教えてくれている気がします。

■「raging waves」の歌詞全文は、こちらのサイトから見ることが出来ます♪

 

広告を非表示にする