mikuraのブログ

歌伴奏専門ピアニスト&ウェブライターのmikuraのブログです。

エニアグラム診断を受けてみました。ー「客観的」に自分を知る絶好の機会だと実感。

あなたを理解しようとせず、きちんと対応されないこと。
他人の前で傷つくようなことを言われること。
自分の空間と思っている場所を軽率に侵害されること。
やりたくないことを頭ごなしに強制されること。

これはまんまその通りです。
「自分の世界」があるので、そこに土足で入ってくるような輩には敵意をむき出しにしてしまいます。えぇ、面倒くさいやつですよ。

それに、「やりたくないことはとことんやらない」っていうのは昔からずっと変わっていません。
理数系の勉強が本当に嫌すぎて、あまりにやらなかったら赤点ギリギリな点数をとったことも…。センターだけだったとは言え、理数系を勉強していた時間は苦痛でしかなかったので、理系の人は心から尊敬します。

でも、「あなたを理解しようとせず、きちんと対応されないこと」、「他人の前で傷つくようなことを言われること」は、誰しも嫌だと思うのですが、一般的にはそんなことないんですかね?

あと、「タイプ4番の問題点」として挙げられている

他人からの評価を気にしすぎて、良い評価をもらおうとする行為がすぎると自分を見失うことも。
人からどのように見られているかが気になり、過度によく見せようとする。
他人からの批判を受け入れることや他人の正しいことを認めることが困難。

このへんもドンピシャですね。
「自分が思っているほど、周りは自分のことを気にしていない」とはいうものの、どーしても気になってしまうところがあります。
電車とかで知らない人に凝視されると、「何か変なことしたかな?」と自意識過剰になってしまったり。多分この派手髪によるところが大きいんだとは思いますが。

ですが、なかなかの問題児タイプである「タイプ4番のアドバイス」として、

ありのままの自分を受け入れましょう。そしてもっと自分に自信と誇りをもちましょう。

ということが挙げられているので、そんな面倒くさい自分でもいい!と受け入れてみようと思います。
我ながら単純です。

そんなすぐに出来ることではないかもしれませんが、ゆっくりゆっくりと。

「自分を客観的に知りたい!」と思われている方には是非オススメです。
(安心してください、回し者ではありませんよ。)

↓↓↓
※無料診断のできるサイトはこちらです。