mikuraのブログ

歌伴奏専門ピアニスト&ウェブライターのmikuraのブログです。

【かさこ塾】第一回目講義を終えて・後編ーとにかく、「圧」がすごいのです。

とうとう、4/7からはじまった「かさこ塾」。 14時から始まった講義本編では、1分の自己紹介時を除き、基本的に座学でした。学校の授業を受けているかのようで、とても懐かしい気持ちになりました。 以下の記事でそのあたりを詳しく書いております。 mi-717.h…

【かさこ塾】第一回目講義を終えて・前編

昨日は、かさこ塾の第1回目の講義がありました。 普段乗り慣れない阪急電車に乗り、少々乗り換えに戸惑いながらも京都まで行ってまいりました。 会場は、かさこ塾第1期生のラファエラさんという方の事務所でした。 (携帯のナビをお供に向かおうとしていたも…

みくら、かさこ塾に入塾するってよ。

カメライター(カメラマン&ライター)で、毒舌ブロガーとしても有名なかさこさんが主催されている、“好きなことを仕事にする”がコンセプトのかさこ塾に入塾することを決めました。 何故かさこ塾に入塾を決めたのかというと、 個人的に、去年の秋くらいからブ…

それでも私が音楽を辞めない理由

時々、ふと思うことがあります。 「どうして、なんだかんだ音楽を辞めないんだろう」と。 音大や専門学校を出ている訳ではないし、コンクールの受賞歴がある訳でもなければ、演奏家としての輝かしい実績がある訳でもありません。 こんなにも「ないもの」ばっ…

カラオケで即席セッションに挑戦!意外と悪くない。

昨日は、現在呼吸法を習っている先生と、先生のお知り合いの方々との計6名で、飲み会+カラオケでした。半数の方がはじめましてという状況でしたが、そこは持ち前の悪ノリの良さでなんとか乗り切りました(笑) 思えば、複数人数でのカラオケなんて何年ぶり?…

いきものがかりから学ぶ、10年続けるという難しさ、素晴らしさ。

昨日、NHK「MJ presents いきものがかりの10年がかり」という、いきものがかり大好きな私得すぎる番組が放送されていました。 番組の中で、水谷豊さんがこう言われていたのがとても印象に残りました。 「10年続けるだけでもすごいのに、それを1人でなく3人で…

ネットでいい人ぶるからブログが書けないのだと気付いた。

心理カウンセラーの心屋仁之助さんが、今の私にとってタイムリーな記事を書かれていました。 ■ブログがなかなか書けないあなたへ このブログを開設して4ヶ月が経っていますが、連続更新記録は3日止まり。平たく言えば「三日坊主」ですね(汗)単純にパソコンに…

いきものがかり、メジャーデビュー10周年の日に思う。

本日2016年3月15日は、いきものがかりが「SAKURA」でデビューしてから10周年目の日です。 (出典:http://hps.mtvjapan.com/mtv/blog/mtvjmusic/20071024_43743.jpg) 4thシングル「流星ミラクル」でいきものがかりを好きになってから、なんだかんだで今までず…

エニアグラム診断を受けてみました。ー「客観的」に自分を知る絶好の機会だと実感。

あなたを理解しようとせず、きちんと対応されないこと。他人の前で傷つくようなことを言われること。自分の空間と思っている場所を軽率に侵害されること。やりたくないことを頭ごなしに強制されること。 これはまんまその通りです。「自分の世界」があるので…

大切なことはすべてふなっしーが教えてくれた。

ですが、役所をたらまわしにされ、結局公認してもらえなかったそうです。 ですが、ふなっしーはそこで諦めず、“非公認ゆるキャラ”として、YouTubeに動画をアップしたり、ゆるキャラサミットにお手伝いとして参加したりして徐々に知名度を上げていったんです…

己(おのれの)書(しょ)初体験ー「文字」に向き合うことは楽しい。

先日、己(おのれの)書(しょ)というものを書いてきました。 最初にその名前を聞いたときは一体何のことか分からなかったのですが、お習字をもっとポップにしたようなものです。(認識がずれていたらすみません) そんな己書を体験する機会が訪れまして、昔、習…

【寄稿記事】クラリネット初心者のための良いリードの選び方について

この度、WEBマガジン「スタジオラグへおこしやす(@studiorag)」へ寄稿させていただきましたので、その記事を以下に掲載させていただきたいと思います! 記念すべき第1回目は、クラリネット初心者の方へ向けの記事で、クラリネットの生命線と言えるべきリード…

移動中の時間を甘くみすぎていた。ー実は記事を書くのに最適な時間だと気付く。

皆さんは、電車やバスでの移動中に何をして過ごしていますか? かくいう私は、音楽を聴いたり本を読んだり、あるいは寝たりしていました。 このご時世にもかかわらずガラケーユーザーなので、インターネットが出来ず、アナログに過ごしていたわけです。 ただ…

【書評】「言い訳」してイイワケがない。ー堀江貴文著「本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方」を読んで

ふと目に入ったタイトルに惹かれて手にとった本。 「思えば、私の人生言い訳ばっかりして生きてきたなぁ…」と思い悩むことが多かったので、実際に手にとって読んでみました。 堀江さんが「本音で生きる」ために必要だと唱えているのは以下の3つのことです。 …

不器用すぎる我が人生⑦~社会人時代【前編】

兎にも角にも不器用すぎてもはや笑うしかないエピソードを赤裸々に綴っている、「不器用すぎる我が人生」シリーズ。今回は、「社会人時代【前編】」です。 前回までの記事はこちらよりご覧ください。 >>不器用すぎる我が人生①~幼稚園・小学校時代>>不器…

不器用すぎる我が人生⑥〜大学時代【後編】

本日は、昨日の記事の続き、「不器用すぎる我が人生~大学時代」の【後編】をお送りします。 前回までの記事はこちらからご覧ください。 >>不器用すぎる我が人生①〜幼稚園・小学校時代>>不器用すぎる我が人生②〜中学校時代>>不器用すぎる我が人生③〜高…

不器用すぎる我が人生⑤〜大学時代【前編】

今回で第5回目となる「不器用すぎる我が人生」シリーズです。長くなるため、今回は【前編】となります。 前回までの記事はこちらからご覧ください。 >>不器用すぎる我が人生①〜幼稚園・小学校時代>>不器用すぎる我が人生②〜中学校時代>>不器用すぎる我…

1/100×1/100=1/10000

タイトルだけ見たら「一体何のこっちゃ。」となると思いますが、この数字は“オリンピック級のスポーツ選手になれる確率”だそうです。いわば、内村航平君とか、浅田真央ちゃんみたいになれる確率、です。 ただ、「彼らは才能があるけど、自分にはそんなものは…

不器用すぎる我が人生④~浪人時代~

このシリーズも第4回目となりました。 ちなみに、前回までの記事はこちらからご覧ください。 >>「不器用すぎる我が人生①~幼稚園・小学校時代~」>>「不器用すぎる我が人生②~中学校時代~」>>「不器用すぎる我が人生③~高校時代~」 ■受験勉強はセン…

「ミスターバード」さんという方の大道芸を見て思ったこと。

今日はアサバにてちょっと作業した後、気分転換にロフトとジュンク堂で買い物してきました。 ロフトすぐ横のカフェでちょっと遅めのランチを食べて、「街中がアベックで溢れる前に帰ろう~w」と思っていたのですが、ふと気付くとロフトのど真ん前に人だかり…

音大コンプレックス

なるものが、ずっと私の中にあります。 これまで「演奏活動をしたい」と思えなかったのも、「別に音大を出ている訳じゃないから、私の演奏なんて世間から需要なんてないだろう…」とずっと悲観的に考えていました。 クラシック系の音楽は特に、だと思うのです…