読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【超長文・随時更新】わたしの詳細プロフィール

歌伴奏専門ピアニスト&ウェブライターのmikuraです。

ここらで一度、わたしがどんな人間なのか書いてみたいと思います。

 

 

わたしの生い立ち

愛媛県大洲市という片田舎で生まれました。

生まれる前は咲いていなかった向日葵が、わたしが生まれたときには咲いていたそうです。

 

人見知りが激しすぎて登園拒否をする幼稚園時代

自宅から徒歩15秒ほどの幼稚園に通っていましたが、とにもかくにも人見知りが激しすぎる子で、母親と一緒に登園するも、門の前でひたすら「行きたくない!行きたくない!」と駄々をこねていました。

 

特にいじめにあっていたというわけではありません。

 

同級生の子からは、母親に向かって「この子全然しゃべらないんだよ〜」と 紹介されていた記憶が未だにあります。

 

相変わらず内向的で不登校にもなりかける小学校時代

小学校に入学してもその内向的な性格は相変わらずなものでした。

ただ、絵を描くことが得意だったので、低学年の頃には、当時はやっていたセーラームーンを書いてちょっぴしクラスの人気者でした。

 

中学年になり、数少ない仲のいい子とクラス替えで離ればなれになってからは、いじめっ子体質の子に軽くいじめられ、不登校になりかけたこともあります。

 

高学年になると、再び仲のいい子と同じクラスになり、徐々に明るくなっていきました。

 

基本的に、同級生にも先生にも反抗的な態度を取ることはなかったので、典型的な「いい子」でした。

 

吹奏楽部に入部し、音楽にのめり込んだ中学時代

小学校高学年の頃に、友だちに誘われて市内の合唱団に入っていたので、中学でも合唱を続けようと思っていたのですが、見学に行くと部員が二人しかいないと言われたので、しょうがなく隣でやっていた吹奏楽部に入部しました。

 

親がやっていたこともあり、「家で練習できるから」という理由でクラリネットを選びました。(当時、心配性かつ潔癖症だったため、学校の楽器を使いたくなかったというのもあります・・・)

 

万年銅賞の超弱小部でしたが、楽器を吹くのがとても楽しくて仕方ありませんでした。

部長を任せられ、後輩からは恐れられるくらいに部活に没頭していました。

コンクール前に顧問に「練習時間を増やしてほしい」と直談判しにいったとき、「そんなに部活バカになるな」と言われ、「教師」という存在に絶望したのもこの頃です。

 

勉強と部活しかしてしていませんでした。

 

相変わらず部活にのめり込むものの、傲慢で不安定だった高校時代

中学が超弱小部だったので、高校は吹奏楽の強豪校に!と思っていたのですが、

 

「万が一部活でダメになったときに潰しが効かない」 

 

と親と担任に大反対され、仕方なく地元の進学校へ。

 

先輩も顧問もいい人で、入部当初は毎日夜遅くまで自主練するほど部活に没頭していましたが、仲が良く尊敬できる先輩方が卒業し、翌年に顧問の先生も変わってしまったことから、わたしの部活への情熱は一気に冷めていきました。

 

やる気のない顧問に文句を言いに部室に殴り込んだり、先輩にガン飛ばしたり、「練習しないなら帰れば?」と言って同級生を泣かせたり、「いい子ちゃん」だったはずのわたしは、気が付けば超問題児になっていました。

 

この頃、入学当初はそこそこトップクラスだった(はず)の成績も目に見えて下がり、

家は両親の不仲に拍車が掛かかり、完全に家庭内別居状態でした。

 

家にも学校にも自分の居場所がないのだと感じるようになっていました。

 

「勉強もしたくないし、音楽を趣味でやっていると思われたくない!」と、音大を目指そうとするものの、「音大行ってどうするの?音楽で食べていけると思っているの?」と親から反対され、一般の大学へ進学。

 

・・・するつもりが、浪人生活を送る羽目に。

 

1日の大半の時間を勉強に費やし、D判定からの軌跡の合格を掴んだ浪人時代

「このお金なんて、ドブに捨てるのと同じだから」

 

と母親から言われていたため、浪人時代は娯楽を断ち切り、交友関係も必要最小限に留め、とにもかくにも起きてる時間の殆どを勉強時間に費やしました。

 

夏頃までは平均して8時間ほど。

お盆を過ぎてからは、あまりの成績の上がらなさに焦って、多いときは12時間くらい勉強していたように思います。

 

自分史上最高に勉強していたのですが、センター試験では全く点数が取れませんでした。

滑り止めの私立に滑り、前期試験も惨敗。

D判定の面接のみの後期試験で軌跡が起き、見事合格。

 

生まれて初めて嬉し涙を流しました。

 

mi-717.hatenablog.jp

 

サークルでの人間関係に疲れ果て、バイトに明け暮れた大学時代

後期試験での奇跡的合格により、入学までばたばたしたものの、憧れの大学生活を送る権利を得ました。

大学でも音楽をやろうと決めていたので、吹奏楽部に入部しようと思いましたが、見学をしてみて、オーケストラサークルに入ることを決めました。

楽器は相変わらずクラリネット

1回生の時、4人いた同級生の中でひとりだけ演奏会に出ることができたため、同回生からのちくちく妬み嫉み攻撃がはじまり、同パート内で左遷されたような状態になってしまったため、一時期休部したものの、2回生のはじめに退部。

退部する前日、OBさんが5時間以上かけて朝まで説得してくれましたが・・・一度決めたことを変える柔軟な思考をその時は持ち合わせていませんでした。

 

その後は、模試の採点バイトと個別指導塾のバイトをかけもちする日々を過ごしました。教育学部だったため、依頼演奏などで細々と演奏活動は続けることができていたので、とても楽しい日々でした。

人生で初めて彼氏ができたりもしました。

誰もが通る道であろう就職活動は、全くもってやる気がなかったのですが、わたしの時代はまだ売り手市場だったため、いくつかの内定をいただき、某民営化した金融機関に就職しました。

 

安定した企業に就職するもうつ状態になり、人生に絶望した社会人時代(超・暗黒時代)

■わずか一ヶ月でうつ状態に。

当時付き合っていた彼氏と遠距離になり、全く知らない土地での生活がはじまりました。

職場には同世代の人がおらず、仕事中も休憩時間も、とにかく「早く帰りたい・・・」と思う日々でした。

 

就職して一ヶ月ほどでご飯が食べれない・夜あまり寝ることができないという症状が見られ始めたため心療内科に行くと、

うつ状態ですね」

と言われました。

ただ、休職するにはあまりに時期尚早すぎるということで頓服的に薬を服用しながら勤務を続けていくということになりました。

 

■休職しても症状は改善せず、人生を放棄する。

しかし、症状は悪化する一方で、遅刻・無断欠勤が続き、有給を使い果たしてしまったため、休職するに運びとなりました。

休職してからは、ひたすら家にこもって寝たりだらだらして過ごしました。

けれども、「これから仕事どうしたらいいんだろう・・・」と悩まない日はなく、会社に内緒で転職活動したり、うだうだ悩んでばかりだったので、症状は以前より悪化し、薬の数も目に見えて増えていきました。

 

当時付き合っていた彼氏にもきつくあたったりするようになり、「好き」という感情がむしろ「執着」のようになってしまって超・重い女になり、ついには愛想をつかれてフラレてしまいました。

失恋とあまりに人生が上手くいかないことで溜まっていたものが爆発してしまい、ある日突然農薬を飲んで自殺を図りました。

身体的には全く影響はなかったのですが、2週間ほど精神病院に半強制的に入院することになりました。

 

新卒で就職した企業は、傷病手当が切れるタイミングで退職し、名実ともに「社会不適合者」となってしまいました。

それでも、「どこかに就職しなきゃやっていけない!」という思いから転職活動をするも、面接こそほぼ受かるのですが、朝起きれない・夜寝ることができないという状態が続いていたため、どこも2週間ほどで自主退職するという日々が続いていました。

 

■高校の後輩の一言で、ぱっと視界が開ける。

面接に受かっても仕事ができない、むしろ仕事自体に行くことすらできない。

同級生は、仕事が辛くても頑張って仕事に行っていたり、結婚して幸せに暮らしていたり、

 

「なんでこんなに人生がうまくいかないんだろう。」

 

毎日そんなことばかり考え、自分を攻める日々が続いていました。

 

ストレスがたまったときは、友だちに電話しまくっていたのですが、わたしのあまりの病み具合に、電話する友達も片手で余るくらいになっていたある日。

電話帳を見ながら、高校時代に仲が良かった部活の後輩君に電話してみようと思いました。

 

恋愛がうまくいかない、仕事がうまくいかないことをだらだらと愚痴っていたのですが、そんなわたしに嫌気が差したのか

 

「じゃあ、楽器吹けば?」

 

と言ってきたのです。

「そういえば、就職してからずっと楽器に触ってなかったな・・・」ということにその時初めて気付きました。

その一言で目の前が明るくなった感覚を覚え、押し入れにしまっていた楽器を引っ張り出していき、少しづつカラオケ屋さんやスタジオで楽器を吹くようになりました。

 

わたしが人生に絶望していた理由は、至極単純なもので、

 

「好きなことをやらず、やりたくないことばかりやっていた」

 

ということにやっと気付いたのです。

ここまで、通算5年くらいかかりました。

 

現在のわたしとこれから

 一時期は「これ以上飲むと記憶障害を起こしますよ?」と言われるくらい飲んでいた睡眠薬も、いまでは全く飲むことなく寝ることができるようになりました。

「寝れないなら、寝なくていいじゃん♪」

ととあるカウンセラーさんにアドバイスを受けたことがきっかけで、睡眠に関するストレスが一気に減りました。

まだまだ毎月の支払いにびくびくする日々ですが、うつの症状はほぼ出ていません。

 

音楽バーで接客をしつつピアノ伴奏をしていたり、

場所を選ばず記事を書くウェブライターをしていたり

のんびり過ごしています。

 

ただ、まだまだやりたいことがあって、

「わたしは本当はどうしたいのか?」

を日々自問自答しています。

体調不良は、本当に「自己管理の不徹底」が原因なのか?

風邪をひきました。

熱を測ったら36.7度。

微熱といえば微熱だし、平熱といえば平熱の微妙な体温です。

 

学生の頃って、体調を崩すと周りの人がいつも以上に優しくしてくれたように思います。

保健室で寝ていたら誰かが様子を見に来てくれたし

学校を欠席したら給食の余りを持ってきてくれたり、板書のノートを持ってきてくれたり

いつもぷんすかしている親も果物をすったものとかわざわざ出してくれたり

 

もちろん体のしんどさはあるのですが、精神的にはちょっと嬉しかったりしていました。

 

 

ただ、社会人になったらそうはいかない。

 

本当はゆっくり寝たいのに、結局会社に行くのと同じ時間に始業前に職場に電話を入れなければならないし、それをメールやLINEで済まそうものなら

 

「最近の若者は・・・」なんてぐちぐち言われる。

 

しんどくて始業時間を過ぎても連絡を入れず、なおかつ就業時間内に連絡できなかった場合には、

 

「あいつ、無断欠勤しやがった!」

 

なんて上司の怒りを買ってしまう。

ただでさえしんどいのに、「明日なんて言って謝ろう・・・」なんて罪悪感ばかりがつのって、心も体もしんどくなってしまう。

 

学生の頃はみんな優しかったのに、なんで社会人になったらこんなに変わってしまうのだろう。

連絡を入れるか入れないかの問題かもしれませんが、それならメールでだっていいはずです。

 

水風呂に入ってまっぱで寝てるわけもないのに、風邪をひくときはひきます。

 

しかし、なぜそれを「自己管理の不徹底」と言われなければならないのでしょうか。

 

私個人的には、体調を崩すときってなんらかのサインじゃないのかと考えています。

 

以前、浪人していたときに急に花粉症になってしまい、右手にシャーペン、左手にティッシュと鼻スプレーをもって勉強していた経験があります。

「これから毎年花粉症になるの嫌だなぁ」なんて思っていたのですが、翌年から今年に至るまでその症状はぱったり出ていません。

 

おそらく、受験勉強が嫌すぎて、勉強しなくていいための口実となるサインを体が出していたのではないかと今となっては思います。

 

なので、体調が優れないときは何かしらのサインだと思って、自分をいたわることにしています。

私は寝ることが大好きなので、とにかく寝ます(笑)

 

たかが体調不良、されど体調不良。

「這ってでも仕事に来い!」なんてやつは嫌いです。

自分が出しているサインにもっと正直になっていいんじゃないかと思うのです。

「カネカネ言うんじゃない!」と何回も言われてきたからお金について真剣に考えてみた。

私はお金が大好きです。

それに、大抵の人はお金が大好きなのではないでしょうか。

生まれてこの方、「私はお金が嫌いなの〜」っていう人に出会ったことがありません。

 

でも、不思議なもので、

 

「お金が大好きです!」

「お金が欲しいです!」

 

という話をすると、何故か

 

「カネカネ言うんじゃない!」

「カネカネ言うんなんて卑しい!」

 

と怒られる。

 

これは大きな矛盾です。

 

数年前から、心理カウンセラーの心屋仁之助さんの書籍やブログを読んできて、お金が入ってこないのには、「お金に対する(心理的)ブロック」があるということを学びました。

 

そこで、「私のお金に対するブロックってなんだろう?」と考えたとき、幼少期のある出来事が思い返されました。

 

確か、母親がタンスの整理をしていたときのことです。

そこには、数万円が入っている封筒があり、それを見てにやにやしていたんです。

 

すると、母親から

「お金を見てにやにやするんじゃないの!」

と怒られてしまったんです。

 

その時、私は「お金を見てニヤニヤしてはいけない」んだと刷り込まれました。

「お金が大好き」だという感情は、思っていても外に出してはいけない、そう学んだのです。

 

それから、小さな買い物でも、「少しでも安いものを」というスタンスにすることにしました。

欲しいものがあっても、言わない。

どうしても必要だったとしたら、少しでも安いものを選ぶ。

 

でも、そうして自分なりに節制していたところで、お金は入ってこないし、飛ぶときはぽんぽん飛んでいく。

そして、「なんで私はこんなにお金に恵まれないの?!」と卑屈になってきてしまったんです。

 

それから、色んな本を読んでお金について勉強しました。

 

そうしてわかったこと。

多くのお金に関する本の中で共通していた認識は、

 

「お金は循環するもの」

 

という概念でした。

 

つまり、出したからと言ってそのお金がなくなるわけはない。

誰かのもとに行ったとしても、また自分の元に帰ってきてくれる。

 

そして、お金を出すときは、

 

「沢山お友達を連れて帰ってきてね♪( ´▽`)」

 

と心のなかで唱えるようにしました。

 

そうしたら、まだ実際にぐんとお金が入るようになったわけではないものの、以前よりお金に対する不安感がなくなってきたように感じています。

まだまだ実験中ですが、今のところいい感じです!

 

それに大きな影響を与えてくれたのがこの本です。  

 

 f:id:mi_717:20170423121232j:image

 

秋山まりあさんという方が書いた「100%自分原因説でハッピーなお金持ちになる」という本です。

 

お金がすべてだとは思わないけれど、お金があると気持ちに余裕ができるんですよね。

お金はそのための手段なんだと思います。

 

まだまだ、お金に関する勉強は続けていきます。

乞うご期待!

 

若いうちの苦労なんてわざわざ買う必要はない。

よく言いますよね、「若いうちの苦労は買ってでもしろ」って。

 

「なんでわざわざ買ってまで苦労せなあかんねん!w」とこの言葉を聞くたびに思ってしまってましたが、

 

「楽な方ばかり選んでいると、いざ困難に直面したときに何もできなくなってしまうから」

 

ともっともらしい理由を言われ、素直すぎる私は疑うことなくそのまま受け取っていました。

 

 

ここからは私の個人的な解釈なのですが、

この言葉って、

 

「苦労しないと幸せになったらダメ」

「苦労しないと上手く行ったらダメ」

 

に聞こえません?

例えば、ほぼノー勉強なのにテストで100点取ったらダメ、みたいな。

 

 

これをこじらせると、

 

「苦労せずに幸せになったら後々不幸になる」

「苦労せずに上手く行っても後々上手く行かなくなる」

 

 

みたいに解釈してしまいません?

 

少なくとも、私はずっとそう解釈してしまってました。

 

なので、2つの選択肢があった場合、反射的に楽じゃない方の選択肢を半強制的に選んでしまうという。

 

(どMか!w)

 

この考え方だと、結局「不幸になる」「上手く行かなくなる」を強くイメージしてしまってどのみちあまりよろしくない。

 

なので、私は難易度を問わず「どっちの選択肢がときめくか」を基準にして選ぶことにしました。(こんまりさん的なね)

 

私の人生の師匠であるふなっしーも、「ハードル飛べないときはくぐればいい」と言っているので、無理してわざわざ困難に立ち向かう必要はきっとないのでしょう。

 

なので、若いうちの苦労なんて買う必要はない!w

と私は思います。

【ライブレポみたいなもの】Rayflower presents「Night which GLORIOUS」@心斎橋BIG CAT

年始早々のいきものがかりの放牧宣言を受けて、

「行きたいライブは行きたいと思ったときに行く!」

と、自分の気持ちに正直になろうと決めました。

 

今月7日に、3年前くらいから大好きなRayflowerのライブに参戦してきました!

前回のツアーが去年の秋冬だったのでお久しぶりなライブでした。

 

一曲目は「Runaway Brain」。

いきなり暴れ曲が来てテンションマックス。

拳を振り上げタオルを回し頭を振ってエンジンフル稼動。

 

二曲目はこれまた暴れ曲な「サバイヴノススメ」。(多分w)


Rayflower「サバイヴノススメ」MV〜Short ver〜

テンション上がりまくってあまり記憶がないのが正直な話。

二曲目で既に右腕が悲鳴を上げはじめました。

 

今回は2マンということもあってMCはあまりなく、暴れ曲中心でした。

レイフラのライブでは必須アイテムであるタオルが大活躍でした。

 

大好きな曲である「哀しみのリフレイン」では、拳上げながら泣いてしまいました。

大好きな曲なので生で聴けて嬉しかった。

 

途中のMCでは、田澤くん新大阪でタクシーに振りまわされる話で大盛り上がり。

わざわざグーグルマップで距離を調べて「3km圏内」のタクシーをよけて乗ったのに、運転手さんから「そっち(3km圏内の)に乗ってくれる?」と言われてキレたそう。しかも2回も笑

 

やっぱり田澤劇場は相変わらずのクオリティーでした。

 

最後の「花束」では毎回のことですが涙腺が崩壊して泣きまくってしまいました。

本当にあの曲は名曲。

歌詞がすごく沁みるんですよね。

 

一回引っ込んだあと、アンコールで出てきてくれて新曲をやってくれました!

聴いたのは今回が2回目なのですが、テンポが軽快で好きな曲リストに追加されそうな予感がしてます。

 

次のライブは、帰り際にもらったフライヤーで知りました。

FC限定ライブの箱庭!

FCは期限切れで自動退会なってしまってたからもう一回入り直さねば。

 

やっぱり、行きたいライブには行きたいと思ったときに行かねばです。

ライブはナマモノだから。

 

改めてRayflowerはかっこいいバンドだなと思いました。

 

 

楽しくて楽しくて夢のような時間でしたが、

ライブ翌日はしっかりと首と右手に筋肉痛という現実が来ましたとさ。

 

音大とか専門学校とか行ってなくても音楽やっていいんだ。

過去記事にも書いたのですが、今までずっと心の何処かで「音大コンプレックス」がありました。

「私が音楽を仕事にできないのは、私が音大を出ていないからだ!」

ってずーっと拗ねてました。

 

でも、音楽自体を諦めることはどうやら私には難しいみたいで。

音楽がない日常生活を送っていると、精神的に病むことが証明済みです汗

 

いざライブをやろうと思って会場を調べて、出演者の方が超輝かしい実績があると勝手にびびってしまって「いや、私はいいです」って尻込みしてしまってました。

でも、ある時気付いたんです。

 

「音大とか専門とか出てなくても音楽の仕事している人いっぱいいるじゃん!」

 

と。

実際、私のまわりにはそういう人がたくさんいることに気付きました。

なかには師事を仰ぐこともなく、完全独学の人もいます。

 

もしかして、できない言い訳を探していただけなんじゃないかなって気付きました。

 

あと、思ったんですよ。

仮に同じくらいの技術だったとして、音大出てるAさんと、音大出てないBさんがいたとしたら、どっちの方がいいかって。

 

私ならBさん。

理由は、親近感が湧くからです。

 

「○○音大卒業」という経歴は、もちろんあるに越したことはないと思うんです。

でも、むしろ音大を出ていないことがその人の個性になりうるのではないかとも思うのです。

 

心理カウンセラーである心屋仁之助さんが先日武道館でワンマンライブを敢行されましたが、心屋さんはそもそもミュージシャンではないですもんね。

 

時代が変わってきているからということもあるんでしょうが、自分のなかの常識も少しずつ変わってきているなと思う今日この頃です。

10周年記念ライブを日本武道館で行った、心屋仁之助さんという人

「すごい」としか言いようがない。

 

色々な悩みをグーグル先生に相談していたらひょんなところから心屋仁之助さんのブログにたどり着き、書籍も何冊か買って読んだり、勝手ながら私の中では「師匠」という位置づけをしている心屋さん。

 

でも、ブログで心屋さんがギターで弾き語りをしてライブまでしているということを聞いた時は、内心「心理カウンセラーが何やってんの?!」って思ってました。

 

私の中で、

 

心理カウンセラーは本業のカウンセリングの活動以外をしてはいけない。

まして、完全に趣味である音楽活動をするなんて言語道断だ!

 

って勝手に思い込んで勝手に拗ねてました。

 

 

しかも、チケット代は10000円だよ~?!

ありえない!ありえない!

 

でも当日券有るとか言ってたし、結構スカスカなんだろうな~って、ちょっと小馬鹿にしてました。

 

でも、Facebookのタイムラインで流れてきた写真やブログを見ると、超満員!!!!!

えぇぇぇぇーーーーーーーーー(*_*)!!

ってびっくらこきました。

 

と同時に、勝手に心屋さんを卑下して自分を正当化していた自分がいたことに気付き、悲しくなりました。

 

心屋さんは、常々「自分の中の『ありえない』をあえてやってみよう」とおっしゃっていますが、10年前まで大手運送会社の管理職だった人がいきなり心理カウンセラーになって一人で武道館ワンマンやるって、どう頑張っても予想しようがない笑

 

心のあり方を変えるだけで、こんなにも人生が変わるんだな。

 

心屋さん、すごい。